[ノート]メトロポリタン美術館のイスラム美術 2017.09

ウズベキスタンのミニアチュールなど

メトロポリタン美術館のイスラム美術コーナーでコーランやミニアチュールの撮影を行った。極めて美しい紙と私が思った理由でもある紙。ティムール朝の頃のミニアチュール。

(特別な熟覧ではなくガラス越しに撮影)

・イラクまたは中央アジアのコーラン。(14世紀)

この紙は本当に美しい。両面書写、磨かれた紙面。どんな原料でどのように製作されたのだろうか。

・ウズベキスタンのミニアチュール。(おそらく15世紀)

細密画。部分的な写真を合成してみた。本の1ページのサイズは、この精細な表現から想像もつかないほど小さく。

・アフガニスタンのミニアチュール。(15世紀)

これらの厳密な製作方法は、おそらく不明で技法は断絶している状況にあると考えられます。

 

この紙は本当に美しい。両面書写、磨かれた紙面。どんな原料でどのように製作されたのだろうか。

 

・ウズベキスタンのミニアチュール。(おそらく15世紀)

できる限り、拡大撮影を行い、貼り合わせてみた。原寸は、計れなかったが、せいぜいB5くらい。

画像をクリックすると、拡大して細部まで見られます。

(ガラス越しの撮影で、しかも時間もなく不完全で申し訳ありません)

 

 

 

・アフガニスタンのミニアチュール。(15世紀)

このサイズだが、拡大撮影するとこのようなディテール。